レンタル倉庫の種類にも種類がある?!それぞれのメリットとデメリット

レンタル倉庫の種類にも種類がある?!それぞれのメリットとデメリット

屋内型レンタル倉庫のメリットとデメリット

家の中の捨てるに捨てられない荷物を何とか片付けたい、このように考えている人は多いのではないでしょうか。普段は全く使わないけれど季節によっては必要になる物や、思い入れがあって捨てられない物など、どうにかしてスッキリ片付けたいという荷物を抱えている人もいると思います。そんな時、利用しやすい料金で荷物の保管ができるのが、レンタル倉庫です。レンタル倉庫には屋内型と屋外型があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まず屋内型倉庫の場合、セキュリティー面に優れており、倉庫自体が風雨に晒されることが無いため室温や湿度を一定の状態で維持できるなどのメリットがあります。一方で、倉庫が室内に設置されているため倉庫自体のサイズが大きいとは言えず、大型の荷物の保管には向いていない場合もあります。また倉庫の近くまで車で荷物を運ぶことができないため、重たい荷物でもある程度の距離を自力で運ばなければならない可能性もあります。

屋外型レンタル倉庫のメリットとデメリット

次に屋外型レンタル倉庫の場合、倉庫自体が大きい物もあり、大型荷物の保管に向いています。屋内型レンタル倉庫に比べて割安な料金設定になっていることも多く、より多くの人が利用しやすいと言うメリットもあります。また、倉庫の近くまで来るまで乗り入れることができるよう設置されている場合もあり、特に重たい荷物や大型荷物の搬入の際には便利です。一方で、倉庫自体が風雨に晒されてしまうので、品質管理が難しい荷物や商品の保管は避けた方が良いでしょう。

3PLとはサードパーティロジスティクスの略で、物流業務形態の1つで、荷主とは別の業者が物流の効率化を図る為に、一括した業務を請け負う事です。

You may also like...