自営業をスタートする時に気にしておきたいことは

自営業をスタートする時に気にしておきたいことは

まずは小規模からスタートする

自営業といえば、多くの社員を雇いオフィスなどを借りているイメージを持っている人も少なくないでしょう。ですが、そのようなイメージを持っていてもいきなり最初から規模を広げることはできません。まずスタートの段階としては、週末起業からスタートするのがよいかもしれないです。

そもそも、初めての段階では右も左もわかりませんので毎日が実験になるでしょう。しかも、売り上げ自体はすぐに発生するわけではありません。短くても半年程度ある程度時間がかかる仕事ならば1年以上経過しないと売り上げにならないことも考えられます。そして、経験者にしかわからないような予想外の出来事も発生します。これらを踏まえると、いきなり大きくすることを考えるのではなくまずは実験的に週末だけを使って仕事をしてみるのが良いです。

いきなり株式会社にしない方がよい

自営業といえば、株式会社のイメージがある人も少なくないでしょう。株式会社にすれば、見栄えもよいだけでなくいかにも自営業者らしくふるまえそうです。ですが、形だけから入っても出費が伴わず大赤字になってしまう可能性も否定できません。まずは、個人事業から始めてある程度売り上げが伸びてきて税金対策が必要になった場合、初めて株式会社にするのが良いです。そもそも、世の中にある会社が株式会社にしている理由は、税金対策などが主な理由になります。税金対策をするほどしっかりとした売り上げが出来上がってからようやく登記をし、株式会社として登録をしましょう。

フランチャイズ選びで必ず目にすべきポイントがロイヤリティです。月々、どの程度のロイヤリティが発生するかによって収入は大きく変わります。後々、後悔しないようにしっかり検討しましょう。

You may also like...