選考などに使われる適性検査について知っておきたいこと

選考などに使われる適性検査について知っておきたいこと

企業が実施する適性検査とは

適性検査とは、その企業に応募する人が業務にどの程度向いているか測ることのできるツールです。業務に向くかどうかを調べる以外にも、その業務に対する好みや業務に関連する能力なども知ることができます。

検査の選び方はどうすればよいのか

では、たくさんある適性検査の中から、適切な検査方法を選ぶためにはどうしたらよいでしょうか。おすすめの方法は、多くの企業が採用時に取り入れている検査を使うことです。これらの検査は大手の人材管理の専門会社が販売しています。良く使用される検査には、その業務への適正をみるものや判断の迅速さを測れるものなどがあります。

適性検査の具体的な方法

適性検査の方法について、一つ例をご紹介します。企業の採用の場の適性検査でしばしば使用される「クレペリン検査」は、被験者の作業特性をみるためのものです。この検査は、ひたすら誌面の数字を選択したり記入したりしていく検査になります。

適性検査の効果について

被験者が受ける適性検査の効果にはそれぞれ目的があります。上で例にあげたクレペリン検査の場合などは、その人が長時間の作業に向いているかどうかや途中で飽きてしまうような傾向がないかどうかなど知ることが可能です。それにより、応募者が企業が求める業務に、どの程度向いているのか把握できます。また、単純作業に対する姿勢から、被験者の性格などもある程度うかがえます。一見単純な構成をしている適性検査ですが、それぞれの検査はその人の多彩な能力を知ることができる強力なツールだと言えます。

適性検査にはさまざまな種類があり、企業が採用を行う際には人柄を判断するための性格検査や知的能力を問う能力検査などが実施されます。

You may also like...