業種によって紙袋を印刷する時のコンセプトは変わる

業種によって紙袋を印刷する時のコンセプトは変わる

建築業や不動産関係ならシンプルなデザインで丈夫に

業種に合った紙袋を製作することで、効果的な宣伝効果を得られる可能性が高いです。
不動産や建築関係、例としてモデルルームやモデルハウス見学会の時に来場者に配布する紙袋であれば、シンプルなデザインを印刷して丈夫なものにしたほうがいいでしょう。家に興味がある人の場合には、複数の物件を見に行くことが少なくありません。また、住まいだけではなく、家の設備や建て方に関してカタログを複数もらうことが一般的です。
シンプルなデザインを印刷して丈夫な紙袋を提供することで、落ち着いたデザインやどのカタログを入れても紙袋が破けないことについて、印象に残ることが多いでしょう。シンプルで丈夫な紙袋を使っている企業に対して好感を抱き、来場者から新築物件の発注につながる可能性も少なくありません。

アパレル関係で紙袋のデザインを考えるなら

アパレル関係で紙袋の印刷デザインを考える場合、自社のイメージを積極的に打ち出しつつ、もつ人の気持ちになって作ることが重要です。持つ人が雨にぬれることも考えて、防水性の高い物を作ることで、購入したファッションアイテムを濡らさず済みます。ファッションアイテムに関しては、どのショップで買ったのかを紙袋を持つことで主張したいと考える人も少なくありません。派手な柄よりも、2色や3色程度でデザインにこだわりのあるものを印刷したほうがコストも安く、ステイタスと感じられるものを作り上げられる可能性が高いです。
自社のデザインやコンセプトを打ち出しつつ、持つ人がステイタスシンボルだと感じられるような印刷にすることが、業績アップにつながるでしょう。

オリジナルデザインに対応するフルオーダー、印刷会社が用意したいくつかのデザインから選択するセミオーダーなど、紙袋の印刷にも色々な種類があります。

You may also like...