社員研修で大事なポイント!社員参加型にするとやる気が出る!

社員研修で大事なポイント!社員参加型にするとやる気が出る!

社員に参加してもらう研修

社員研修を人事や総務だけで考えることは多いかもしれません。しかし、社員研修は研修に参加する受講者と作り上げることが大事です。それをすると、受講者のやる気につながります。一般的に社員研修は受けさせられていると感じてやる気を引き出しにくいものです。そんな社員研修であっても、社員が自分で作り上げるようにすると、社員のやる気が変わってきます。自分達が受けたい研修にできますし、社員からしても研修の計画に参加できることは有意義なのです。また、社員が参加することで、社員の望んでいる研修を反映させられます。セミナーを作る受講生だけではなく、他の受講生から意見を集めればもっといい研修を作れるでしょう。

参加してもらうなら計画段階から

社員が研修に参加するなら、最初の計画段階から参加してもらった方が有効です。計画段階で研修内容などが決まってしまうので、そこから参加することで、知りたいことや学びたいことを研修に盛り込むことができるでしょう。それができなければ、社員研修のやる気は下がってしまうかもしれません。そうならないように、社員研修に意見だけでも参加してもらうと研修に反映できます。

社員研修後アフタフォローも参加してもらう

研修のアフターフォローも社員に参加して決めてもらいましょう。社員研修をするならアフタフォローは重要です。その計画を社員にたててもらうのです。受講者はそれぞれつながりがあるでしょうから、集まりやすい日にちを設定して、アフタフォローの研修を行ってもらいます。そうすれば、押し付けられた感じにならず、復習を自主的にできるのです。

管理職研修は、管理職としての心構えやコミュニケーション能力やリスクマネジメントなど、あらゆるスキルを身につけることが出来る研修です。

You may also like...